動画制作の仕事に就く

動画制作の仕事について学ぼう

的確なカット編集を行なった動画制作

的確なカット編集を行なった動画制作 いわゆるテレビのバラエティ番組ですが、実際の放送時間と収録時間はかなり違っています。
例えば、2時間の枠のバラエティ番組だと、その収録時間は最低でも、その3倍は掛かっていると言われてます。
無論、放送局や番組のプロデューサーによってこの割合は変わります。
しかし、最低でも3倍は収録に掛かる事例が大半であり、場合によっては2時間枠の番組を作るのに半日から一日程、収録をする必要があります。
一見すると無駄にも見える長時間の収録ですが、あえてたくさんの素材を撮影する事で、その中から最も面白い部分をユーザーに提供出来る絶大なメリットがあります。
動画制作の基本もまた実は素材集めとカット編集です。
たくさんの素材を記録し、後は動画制作の担当者が的確にシーンの取捨選択をしていく事で、ハイクオリティなPVやCMが完成します。
短編の映像作品だからといって、最初から必要最低限の分しか素材を収録しなければ、的確な編集が出来ませんので、プロのクリエイター程、色々な角度から素材を撮影し、シーンを取捨選択し、大胆なカット編集を大事にします。

SNS時代の動画制作

SNS時代の動画制作 ハイビジョン映像の台頭に加えて、4kの普及、そして近い将来8kが登場すると言われ、動画制作の分野でも、高解像度化と、詳細な映像表現の進化が続いていた時期がありました。
一方、ここに来て、SNS各社は、それぞれのプラットフォームと連動した映像配信サービスを次々と開始し、文字だけではなく、映像によるコミュニケーションを提案しています。
それらの映像は、スマートフォンやタブレット端末からのアクセスをメインストリームとしており、手のひらサイズの小さな画面でも視認できること、パソコンと比較して、遥かにスペックの劣るハードウェアでも、快適に感じられる程度の処理ができる範囲のビットレートに収めることに加えて、有線のインターネット回線と比較して、遅くて不安定なモバイルデータ通信を利用した環境でも気軽に閲覧できるような低容量が求められています。
SNS時代の動画制作は、この限られた条件の中で、軽くて低容量、かつ、できる限り綺麗な映像という、一見相反する価値のバランスを探る、チャレンジングな創作活動です。

Copyright © 2017 動画制作の仕事に就く all rights reserved.